ジュリーとアニキ

 少し古い話になりますが、ジュリー(沢田研二さん)がさいたまアリーナでのコンサートをドタキャンしたことが

話題となりましたよね。しかも7000人も観客がいるのにも関わらずです。思い上がりとしか言いようがありませんね!

ザ・タイガースでデビュー当時からずっと挫折知らずにスター街道まっしぐら。

 

 後、先日「アニキ」こと水木一郎さんのアルバムを先日購入しました。「マジンガーZ」などの代表曲は含まれず

アニキがまだ歌謡曲の歌手だった時の歌が全部CD化されました。歌謡曲では不発に終わり、結婚を機に一度引退したのですが、

当時のコロムビアのアニメのディレクターが歌謡曲時代のアニキがテレビに映っている姿を見て、アニメ歌手としてデビューするように勧めて「原子少年リュウ」でアニメ歌手としてデビューし、「マジンガーZ」などを大ヒットしましたが、当時はアニメソングは

「マンガのうた」と低く見られ、レコードジャケットに顔は映らず、イベントでも拡声器をマイク代わりに歌ったり、ビール跋扈の上で歌ったりと普通の歌手ではまずありえない扱いを受けてきたと「アニキ魂」という本に書いていました。

 そんな下積みや屈辱を乗り越えての今年50年!心からおめでとうを言いたいですね。

 

 ちなみにジュリーもアニキも同じ「古希」なのに外見から何から何まで全く違ってしまったのは

「世界は俺のために動いている」といまだに思い上がっているジュリー、「俺の歌を聞きたい人がいるのならどこへでも

いくゼーット!」といつまでもデビュー当時の所信を忘れないアニキ。改めて同じ「古希」なのにどうしてこう違うのか?

ジュリーはアニキの爪の垢でも煎じて飲め!と言いたいです。

 

 今回はアニキと「大王」こと、ささきいさおさんが歌った「デビルマンのうた」です。↓

 

https://www.youtube.com/watch?v=aEe-To3aczU

 

 


ビブリア古書堂の事件手帖

 昨日、映画化された「ビブリア古書堂の事件手帖」を見に行きました。

 

 鎌倉にある古書店「ビブリア古書堂」を舞台としたミステリー小説の映画化です。

 

 ヒロインの篠川栞子には黒木華さん。黒髪が美しく、物静かで本好きな眼鏡美女といった感じで、小説のイラストの

栞子そのものでした。

 副主人公で、まるで活字が読めない(理由は映画をご覧ください)五浦大輔には野村周平さん。先日、私の部屋の整理のために

好きな蔵書を何冊か処分したので、商売とはいえ、たくさんの蔵書のある本箱を背景に仕事をしている栞子が大変うらやましかったです。(まあ、私は本よりは歌の方が好きなので、栞子とは相いれないでしょうね~笑~)

 

 大輔の祖母の若い頃を夏帆さん、その恋人を東出昌大さんが演じた二つのドラマになっていました。

今回は太宰治の「晩年」(初版本、300万円!)をめぐる内容です。

 

 過去に剛力彩芽さんが栞子をテレビドラマで演じて不興を買ったそうですね。確かに当時の剛力さんなら、年齢的には

栞子の妹役が似合っていると思いますから。次回でも栞子の敵役でもどんな役でもいいので当時の雪辱を雪いでほしいです。

 

 ドラマでがっかりした人も今回は満足できると思います。そして、この「ビブリア古書堂」もシリーズ化されて

栞子が色々本について薀蓄を傾ける場面を多く見たいです。

 

 今回は、主題歌の「北鎌倉の想い出」(サザンオールスターズ)です。↓

 

https://www.youtube.com/watch?v=3LZYzHZITD8

 


主人公は死なず!

 今日、映画「はいからさんが通る 後編 花の東京大ロマン」を見てきました。

相変わらず紅緒は酒乱で、意外にも環も紅緒に負けず劣らず無鉄砲なところがありました。

 今回の感想はズバリ「男たちがかっこいい」ですね。イケメンという意味だけでなく、気骨があり心が広いという意味での

「かっこいい」です。

 伊集院少尉は当然、鬼島、牛五郎、もそうですが中でも紅緒が働いている「冗談社」の編集長の青江冬星が一番

「男前」でした。事実、映画が終わってから、観客の女性が「私、青江さんと結婚したい」と友達に話しているのを

耳にしました。

 声優は坂本真綾さん、島本須美さん、亡くなられた石塚運昇さん(紅緒の父親役)の代わりに銀河万丈さん、そして

ラストのナレーションを「はいからさん」に縁があった女性声優さんがなさっているのを知って感動しました。

 

 それは映画館で観てのお楽しみということです。

 

 今日のおまけはそのヒントです。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=Cd05OOteh0o


北小路環

 先週、元モーニング娘。の吉澤ひとみ容疑者が、飲酒、ひき逃げ、信号無視で逮捕されました。

供述も「チューハイを3本飲んだだけ」とか嘘くさいものばかりで、モー娘。時代は「男前」で売っていた彼女とは真逆の行動、供述にもうあきれてしまいました。

 平成14(2002)年の正月に「モーニング娘。正月スペシャル」という特番で吉沢容疑者は、この秋に去年に続きアニメ映画化される「はいからさんが通る」でヒロイン、花村紅緒(石川梨華さんが演じました)の親友で成績優秀な「北小路環」役を演じていたのです。

 当時は「よっすいー」にピッタリの役だと思いました。本当に残念。被害者や他のモー娘。OGや現役のメンバーの顔に

泥を塗ったのだから、釈放されてからはまずはアルコール依存を直す施設(きっと彼女も元TOKIOの山口達也と同じ症状でしょう)で本格的に治療して、芸能界からは引退してひっそりと生活しなさいよ!というのが私の心情です。


台風21号

 どうして今年は災害が多いのでしょうか?6月の大阪北部地震に西日本豪雨、そして昨日の台風21号と!

 

昨日は私は「帰宅難民」になることが怖くて、会社を休みました。休んでよかったです!

午後から激しい風がずっと吹き続け部屋の中に避難していた私には、まるで台風が来たかのように部屋が揺れ

蛍光灯もついたり消えたり、ラジオを聞くために音を消していたテレビの電源が突然消えたり、家でいながら

とても恐ろしい体験でした。

 

 今まで台風は夜中に遠くを通過するものばかりなので、直接肌で感じたことはありませんが、昨日初めて

台風を感じたという気持ちです。

 

 関西以外のみなさん、無事でしょうか?


第50回 思い出のメロディー 後半

   

 

  小林幸子 「おもいで酒」 (54)

 

  氷川きよし 「傷だらけのローラ」(49)

 

  野口五郎 西城秀樹 「ブルースカイブルー」(53)

 

  中村雅俊 「あの素晴らしい愛をもう一度」(46、北山修 加藤和彦) 「ふれあい」(49)

 

  市川由紀乃 「東京キッド」 (25、原曲は美空ひばり)

 

  氷川きよし  「嵐を呼ぶ男」 (33、石原裕次郎)

 

  丘みどり   「南国土佐を後にして」 (34、ペギー葉山)

 

  三田明    「美しい十代」   (38) 

 

  青山和子    「愛と死をみつめて」 (39)

 

  北山たけし、市川、丘 「二人の銀座」 (41、和泉雅子。山内賢)

 

  天童よしみ    「東京五輪音頭」 (38、三波春夫ほか)

 

  Wink      「淋しい熱帯魚」(平元)「愛が止まらない」(63)

 

  森進一      「おふくろさん」 (46)

 

  北島三郎 全員   「まつり」   (59)

 

 

     幸子さんは獅子舞の巨大衣装で登場、2番からは観音様のスタイルで登場

  バックには幸子さんのメイクの連獅子登場し、最後に「思い出のメロディー 50回おめでとう」のメッセージを

  見せる。

 

  ここからは西城秀樹さんの追悼コーナー「傷だらけのローラ」「激しい恋」の映像が流れる。

 

  氷川さんが「傷だらけのローラ」を熱唱

 

  氷川さんの歌の後、告別式での出棺の場面が映る(出棺曲は「ブルースカイブルー」)

 

  平成14(2002)年に秀樹さんと阿久悠さんのこの歌についての対談した番組の映像も流れる

  阿久さんは「お前が大人になっても歌えるような歌を作ってみせる」と約束したことを語る。

 

  バックには20代の頃の秀樹さんと五郎さんが映り、五郎さんの隣には秀樹さんの背の高さぐらいのスタンドマイクが

 おいてあるというシンプルな演出。でも、かえってその方が秀樹さんがいるようで良かったと思う。

 

  五郎さんが歌い終わった後、氷川さんと木村さんが号泣。今回1番の名場面です。高瀬アナもさりげなく

 「西城秀樹さん、ありがとうございました」という場面も素晴らしかった。

 

  朝ドラ「半分 青い」の映像が流れる。

 

  主役の永野芽衣さんたちからエールが贈られる。

 

  どうしてステージで歌わなかったのか、それが大不満です。

 

  綾小路きみまろさんが登場。またこの「思い出のメロディー」の司会をしてほしい。

 

  木村さんときみまろさんのw司会

 

  市川さんは洋装で、氷川さんはスーツで、丘さんは和服で夫々歌った。

 

  三田さんは昭和38(1963)年当時の「美しい十代」のレコードジャケットと同じ衣装で歌った。

  バックのセーラ服の女の子は三つ折りソックスだったのでしょうか?

 

  青山さんのバックには「テレビ版」の「愛と死をみつめて」の写真が写る。私も過去に近鉄百貨店の催し物で

  この番組をみたことがある。(まこ 、山本学さん みこ、大空真弓さん)

 

  「二人の銀座」の頃の和泉雅子さんはめちゃくちゃ可愛い。今ならAKB、乃木坂、欅坂のメンバーに確実になれますね(笑)

 

   最後は天童さん達の「東京五輪音頭」映画化され、三波春夫さんも出演したとのこと。一度見てみたいです。

 

   小渕恵三官房長官(1989年当時)が「平成」の文字を挙げている場面から「平成」の30年間にヒットしたものの映像と共に

   Winkの紹介。

 

   Winkは、鈴木早智子さんと相田翔子さんのデュオ、10年ぶりの復活。私が高校生の頃のスーパーアイドル

   一番懐かしかったです。私も齢を取りました(笑)サッチン(鈴木さんの愛称)の声量が少し落ちていたことを差し引いても

  嬉しかった。

 

   森さんは「おふくろさん」をフルコーラス

 

   ラストはサブちゃんと全員による「まつり」歌手だけでなく、きみまろさんや太田幸司さんも団扇で応援。

 

   Winkと菅原都々子さんが並んで歌う場面が見られるのはこの番組だけです。

 

   今年の「紅白」は氷川さん、木村さん、高瀬アナで司会を務めてほしいと思いました。

 

  今日はWinkの「愛が止まらない」です。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=ZItcRV_K268

 

 

 


第50回 思い出のメロディー 前半

 

 西城秀樹、全員 「情熱の嵐」 (48)

 

 小柳ルミ子    「瀬戸の花嫁」(47)

 

 細川たかし    「望郷じょんから」(60)

 

 あべ静江     「みずいろの手紙」 (48)

 

 野口五郎      「甘い生活」   (49)

 

 金井克子、純烈   「他人の関係」 (48)

 

 ロザンナ 山内惠介  「愛の奇跡」  (43、ヒデとロザンナ)

 

 水森かおり      「雨がやんだら」 (45、朝丘雪路)

 

 鶴岡雅義と東京ロマンチカ 三山ひろし 「小樽のひとよ」 (42)

 

 菅原都々子      「連絡船の唄」  (26)

 

 森進一        「港町ブルース」  (44)

 

 北島三郎       「函館の女」    (40)

 

 石丸幹二       「ゆけゆけ飛雄馬」  (43 アンサンブル・ボッカ)

 

 水前寺清子      「三百六十五歩のマーチ」 (43)

 

 由紀さおり      「夜明けのスキャット」  (44)
 

 

 美輪明宏       「ヨイトマケの唄」 (40)

 

 

 由紀さおり、安田祥子、大角ゆき、木村佳乃 ほか 「ゆりかごの歌」(大10)

 

                          「里の秋」(20)

                         

                         「みかんの花咲く丘」(21)

 

 荻野目洋子       「ダンシングヒーロー」  (60)

 

 長山洋子         「ヴィーナス」     (61)

 

 

 今年の司会は2年連続3回目の氷川きよしさん、初司会の女優の木村佳乃さん、「おはよう日本」のキャスターの

高瀬耕造アナウンサーが担当。

 

 今年のリクエストが来た歌手で一番多かったのが、やはり西城秀樹さん。

 

 その中でも一番多かった「情熱の嵐」を平成26(2014)年の「思い出のメロディー」での秀樹さんをバックに全員が合唱

 

 当然「ヒデキー!」コール入り

 

 久々にオープニングに昔のこの番組のテーマ曲「今週の明星」がイントロで流れ、出演歌手の字幕に「西城秀樹」の名前があるのが嬉しかった。

 

 小柳さん、赤いドレスは素敵ですが声量がかなり落ちましたね。サッカーもいいですが、歌のレッスンにも力を入れてください

 

 細川さん、やはり髪型が気になります(笑)

 

 シーちゃん(あべさんの愛称) 声量落ちましたね。それにブクブク太ったのがいけない。若い頃はすごい美人だっただけに

残念。

 

 五郎さんは女性ヴァイオリニストとの共演、うらやましい。

 

 金井さんの独特の振りは健在で、下手で司会の三人も踊っていました。

 純烈は今では「スーパー銭湯のアイドル」として有名ですが、金井さんのバックで♪ パッパパパッパ〜のコーラスだけでは

 気の毒、今回彼らにも歌わせてあげてほしかった

 

 ロザンナさんは去年、子供さんやヒデさんと同じ墓に入るために帰化なさったそうです。

 

 山内さん、若い頃のヒデさんに負けないイケメンなので天国のヒデさんがジェラシーを感じているかもしれません(笑)

 

 バックには21,22回での「紅白」での「ヒデとロザンナ」が映っている。この回再放送してほしい。

 

 水森さん、「紅白」とは違い普通の衣装で歌唱。朝丘さんも、今頃津川雅彦さんと天国でご覧になっていることでしょう。

 

 三山さんと東京ロマンチカ 去年他界した三條正人さんの映像がバックに写る(19,20,21回の紅白など)

三條さんのファルセットは本当に美しかったです。

 

 ここからは「第1回 思い出のメロディー」の白黒映像を当時と同じカラーに変える。

 

   美空ひばり 「港町十三番地」 (32)

   並木路子   「リンゴの唄」 (20)

   淡谷のり子  「別れのブルース」(12)

   市丸     「天竜下れば」  (8)

   菅原都々子  「連絡船の唄」  (26)

   森進一    「人生の並木路」 (12、原曲はディック・ミネ)

   北島三郎   「湯の町エレジー」 (23 近江俊郎

 

 菅原さん、91歳でも元気で、素晴らしいことです。心に沁みる感じですね。

 

 森さんの「港町ブルース」は平成23(2011)年の「紅白」でも歌われ、森さんは白組トリ最年少記録をお持ちなのです。

 

 サブちゃんは氷川さん、北山たけしさん、三山さん、山内さんをバックに歌う。

 この歌は私にはラジオ番組「クラウンレコード1万円クイズ」のテーマ曲として知りました。

 

 今年の甲子園は大阪桐蔭が優勝しましたが、「第1回 思い出のメロディー」開始と同じ年に活躍した

三沢高校のエース、太田幸司さんがゲスト出演。

 当時のテレビ中継の場面が見られて得をしました。

 

 石丸さんの側で早稲田大学のグリークラブのOBだった高瀬アナも参加

 衣装を着替えてコーラスに参加しましたが、見事に溶け込んでいました。

 

 アニメの「巨人の星」にも太田さんは登場。これも貴重な映像が見られて嬉しかった。

 

 チータは地元熊本で地震や水害に遭った地元応援続ける。字幕が彼女の直筆になっていた

 

 由紀さん 、「夜明けのスキャット」原曲通りに歌ってください

 

 木村さんが美輪さんの故郷長崎に行き、8月9日のことを語る。

 遺体には子供を抱えた母親が多かった。今の子供を虐待する母親に見せてやりたいと主張。

 

 浦上教会で歌う「ヨイトマケの唄」、過去に「紅白歌合戦」で聞いたときとは違う素晴らしさがあります。

 

 今年100周年の童謡コーナー、木村さんの子供が幼稚園でよく覚えてくるそうです。

 

 「いない いない ばあ」の大角(おおすみ)ゆきちゃんも出演

 

 前半ラストは荻野目洋子さん、長山洋子さんの「w洋子」の共演

 

 荻野目ちゃんと長山さんは昭和59年デビューの同期。

 長山さんは「ビクター少年民謡会」の一員で「ヤットデタマンブギウギ音頭」の合いの手も入れている

 

 荻野目ちゃん、相変わらずダンスがキレキレ。去年、、とみおか登美丘高校ダンス部とのバブルダンスブームも納得

 

 長山さんは久しぶりに洋服で歌う。10年以上ぶりに見た。懐かしかった。

 

 前半ラストに木村さんがある場所から登場。その場所はある人の歌の準備のための場所。それは次にお書きします。

 

 前半のリンクは「今週の明星」です

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=4v4iBDS4lo0

 

 

 

 


こうの史代さんの作品が相次いで映像化

 この夏、こうの史代さんの漫画が相次いでテレビドラマ化されていますね。

先月15日から始まった「この世界の片隅に」と6日の「夕凪の街 桜の国」です。

 

 「この世界」はアニメ映画で話題になり、重苦しくなく戦時中を描いているというので関心があり、楽しみにしていました。

久々に良心的なドラマを見ました。松本穂香さん、松坂桃李さん、尾野真千子さん、伊藤蘭さん、宮本信子さんみんないい演技しています。松坂さんが「梅ちゃん先生」とはとは違いエリートを演じているのも見どころですし、尾野さんは「カーネーション」の主人公のように気が強いそのままの感じでした。

 

 6日の「夕凪の街 桜の国」は常盤貴子さん、橋爪功さん、川栄李奈さん、工藤阿須賀さん、平祐奈さん、キムラ緑子さんも

熱演でした。やはり川栄さんの「原爆を落とした人はまた一人死んだと知って、うれしがっているんじゃろ」の台詞忘れられません。

常盤さん、橋爪さん、平さんが行ったお好み焼き屋はやっぱり広島カープファンでいっぱいでした。

 ラストは常盤さんがプロポーズされている男性(谷原章介さん)にOKを出して終了。戦争物なのに暗くない、だけど事実から目をそらさない、これがこうのさんの漫画の人気だと思います。

 

 

 今日は広島といえば「それゆけ!カープ」です。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=_kh1xnAIkXY


青春歌謡の歌手 旅立っていた

 今日、4年前に亡くなられた歌手のニュースを知りました。

昭和40年に「素敵なやつ」を歌われた叶修二(かのう・しゅうじ)さんです。

 

 まだ66歳だったというのが悲しいです。今月18日に放映される「第50回 思い出のメロディー」には

「美しい十代」の三田明さんも出演が決定しています。橋幸夫さん、舟木一夫さん、西郷輝彦さんにこの三田さんを合わせて

「四天王」と言われましたよね。その後青春歌謡の歌手が次々とデビューしましたね。

 「胸に飾ろう幸せを」の川路英夫さんや「女学生」の安達明さんも若くして旅立たれました。

叶さんもまさかこんな形で訃報を聞こうとは夢にも思っていませんでした。

 ユニバーサルさん、お願いですから叶さんも歌った「世界の国からこんにちは」をCD化してください!

 

 今日は勿論、叶修二さんの「素敵なやつ」です。↓

 

https://www.youtube.com/watch?v=iC0WnI5R4nU


18日は嫌な日

 大阪北部地震からちょうど1か月になりました。

実は、今日7月18日に私の勤務している会社で火事があって、その影響でバスが1時間以上遅れて到着するうえに

猛暑での待機にもうしんどかったです。

 本当に18日は嫌な日ですね!8月18日が何か起こらなければいいのですが・・・。


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM