悲しき70歳

 4日に中日ドラゴンズの投手、監督、阪神タイガースの監督、楽天イーグルスの監督をなさり、昭和49年に中日ドラゴンズのエースとして読売ジャイアンツの10連覇を阻止し、63、平成15,25年には中日、阪神、楽天の監督としてチームを優勝に導いた星野仙一さんが、フランスの歌手で「夢見るシャンソン人形」などを歌われたフランス・ギャルさんが相次いで亡くなられたことにショックを受けています。(日本では中尾ミエさん、弘田三枝子さん等が日本語でカバー)

 また死亡ではありませんが「恋の奴隷」「終着駅」などのヒットを持つ歌手の奥村チヨさんが今年限りで歌手を引退されます。

3人とも丁度70歳だったんですよね。私の両親とほぼ同年齢なので、ショックです。

 父も明日から再入院です。星野さんと同じく膵臓の病気です。全快してほしい。

 

 星野さん、フランス・ギャルさんの冥福をお祈りいたします。奥村さん、半世紀を超える歌手生活お疲れさまでした。今後は夫の作曲家の浜圭介さんの心身ともに支えることに専念なさってください。

 

 今日は当然フランス・ギャルさんの「夢見るシャンソン人形」です。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=rNbZVHx9B-4

 

 


嬉しい年賀状

 遅くなりましたが、平成30年が幕を開けました。おめでとうございます。

 

 嬉しい出来事がありました!

 

 神園さやかさんから年賀状が届いたのです。それも2年連続!きっと前に書いたシークレットライブの

申し込みの際に住所を知らせたので彼女が知ったのでしょう。

 

 さやかさんの他には音楽評論家で歌手の合田道人さんからもいただきました。

 

 今年は年明けから父の手術と大変ですが、目標は「毎日が充実」です。「だめでもともと」という

気持ちでやっていきます。

 

 リンクは、文章とは無関係ですが、水原弘さんの「君こそわが命」(第18回紅白歌合戦)です。↓

 

https://www.youtube.com/watch?v=abmW7xIlzgM


仕事納め

 今年、平成29(2017)年の仕事納めになりました。

これといったミスも起こさず、特別なこともなく(商品は多かったですが)

やり過ごせて一安心、ただ父が膵炎で再入院。生まれて初めての父のいない正月を

迎えることになりそうです。

 

 来年は父の全快、私の「リア充」これが願いです。

 

 そんな願いを込めて、井上あずみ(当時は杏美)さんの「スター・ストーム」です。↓

 

https://www.youtube.com/watch?v=WDpPQskBkhw


題名のない音楽会

 16日の朝6時から放映された「題名のない音楽会」は今年で92歳になられた、渡辺宙明さんの特集でした。

普段のイベントやライブでは見られないレアなシーンが見られて大変得しました。

 一つは、この番組の司会者、石丸幹二さんとミッチ(堀江美都子さん)による「進め!ゴレンジャー」や

CDでしか聞いたことがない「野球狂の詩」のオープニングが聞けたことです!何せオープニングはスキャットで歌詞がないので

CDでしか聞いたことがないのですから。

 今回、ミッチとアニキ(水木一郎さん)は17年ぶりにこの番組に出演、またいつか出演してほしいです。

 

 今日のおまけは、アニキの「マジンガーZ」です。↓

 

https://www.youtube.com/watch?v=5qy3QiODTQU


桜井智 チェリープリンセス

 先日、カセットテープを多く、CD化してもらい、その中に「桜井智 チェリー・プリンセス」の平成8年8月1日放送分がありました。目的は智さんの妹分の長崎萌ちゃんの声を聞くことです。

 普通のおたより、あんたがスター、もやもえコーナー、ゲストに今では「ジバニャン」で有名な小桜エツ子さんが来ていました。

ファーストアルバムの宣伝を兼ねて登場でした。「神秘の世界エルハザード」で智さんと小桜さんは共演していました。

エンディングの「不器用じゃなきゃ恋はできない」が好きです。

 

 この番組、萌ちゃんがいなくなるまで聞いていましたが、好みが対照的なんですね。ミッキーマウスとテディベア、

アンソニーとテリィ(キャンディ・キャンディ)、巨人と中日が好き(前者が智さん、後者が萌ちゃん)ということを今でも鮮明に覚えています。

 

 

 今日は、萌ちゃんがこの番組を卒業してから出演した「アイドル王」という番組です。当時見損なって悔しかったのに、映像が見られて、ついに20年して夢が叶いました!

 

 https://www.youtube.com/watch?v=HhL0NH6pJeE

 

 https://www.youtube.com/watch?v=LtpBvmtq59E


はしだのりひこさん、安らかに

 歌手の、はしだのりひこさんが2日にパーキンソン病で72歳で京都の病院で亡くなられました。

ドゥディー・ランブラーズ「真っ赤なリボンとおさげのあの子」フォーク・クルセイダーズ「帰ってきたヨッパライ」

「イムジン河」「悲しくてやりきれない」シューベルツでは「風」「さすらい人の子守唄」クライマックスでは「花嫁」「二人だけの旅」エンドレスでは「嫁ぐ日」ソロでは、ドラマ「ふしぎ犬トントン」の「へんてこりんロック」(今では毒舌タレントとして知られる坂上忍さんが子役の時の作品で、はしださんもゲスト出演したこともあります)と多くの歌を歌ってきました。

 

 そんな、はしださんの奥さんが病気で倒れ、今まで一度もやったことのない家事、育児に奮闘する模様を描いた「お父さん、ゴハンまーだ」という本がベストセラーになりはしださんは「主夫」タレントの草分けとなりました。

 

 今は舞台女優の娘さんの登校拒否、喪主をつとめられた息子さんの学校でのいじめにも全力でぶつかっていきました。

 

 10年ほど前からパーキンソン病にかかり、苦しみ続けた日々から解放されて天国へ旅立ちましたが、お酒は旨いですか?

ねえちゃんはきれいですか?トノパン(加藤和彦さん)とも再会できましたか?

 

 今日は、告別式で杉田二郎さん達が合唱した「風」をリンクします。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=ugtGClQLUdQ


ラジオ大阪のイベントに行きました

 3年連続で、大阪城公園で行われたラジオ大阪でのイベントに行きました。目的は工藤あやのさんと「鉄道娘」斎藤雪乃さんが見たかったからです。

 

 私が到着したころには、「パーソナリティー全員集合 第1部」で、総合司会が「ほんまもん原田年晴です」の原田年晴アナと、この番組の木曜日のアシスタントの和田麻実子アナが担当し、慶元まさ美さん、青木和雄さん、工藤さん&斎藤さん、高岡美樹さん、

野村啓司さんが登場し、番組ごとにクイズを出して正解すれば10ポイント入ります。「ほんまもん」チームは斎藤さんが高岡さんの信じられない忘れ物につてのクイズに正解して見事に10ポイント獲得!終了後はポイント1つにつき10秒で番宣ができる特典があり、「ほんまもん」チームはあやのさんが立て板に水の如く流暢に喋り原田さんから「貴女、歌手やめてアナウンサーになりなさい」と言われ対照的に斎藤さんは10秒間詰まりっぱなしでした((笑)和田アナが「今度、きつく特訓する」とまで言われました。

 

 終了後はもちろん「ほんまもん」のブースに行きましたが、あやのさんは夜に山形で仕事があるので午前中でお別れ(涙

でも、それだけ彼女注目されているのでしょうね。近いうちに「紅白歌合戦」出場も夢ではないような気がしました。

 

 その後は、金曜日の河島あみるさんと月曜日の斎藤雪乃さんが登場し、あと和歌山からウインズ平坂さんも駆けつけ、この番組のリスナーで作詞した「マグちゃんの歌」と25年前に初めて聞いた「Joshin」のCMソングを初めて聞けて感激です。雪乃さん、初めて見ましたが可愛らしい顔とおっとりした話し方でまるで「あずまんが大王」の「大阪」こと春日歩ちゃんが成長して「鉄子さん」になったような人でした。

 

 午後1時からは「同窓会ステージ」ということで、今陽子さん(元ピンキーとキラーズ)、晃さん(元フィンガー5)、大野真澄さん(元ガロ)、ザ・リリーズが出演しました。生の「好きよキャプテン」が聞けたのが嬉しかったですね。ラストは「青春時代」

(森田公一とトップギャラン、阿久悠さんの作詞曲でオープニングとエンディングを飾りました。

 

 今日のおまけは、斎藤雪乃さんとリリーズです。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=tYegzv9j3yg

 

https://www.youtube.com/watch?v=qUuWiC6vyH4


ペリーヌ、ビルフラン様のいる世界へ旅立つ

 声優の鶴ひろみさんが先日、57歳の若さで急死しました。

私が幼い頃より聞いていた声優さんがまた一人いなくなり心に大きな穴が開いた感じです。

 

 多くのマスコミでは鶴さんを「アンパンマン」のドキンちゃんや「ドラゴンボール」シリーズのブルマを取り上げており、昨日の「ドラゴンボール超」では鶴さんを偲ぶ字幕が出たと聞きました。

 

 他にも「みゆき」の鹿島みゆき、「GS美神」の美神令子など色々な女性を演じてきていましたが、幼い頃は「テレビっ子」だった私にはデビュー作の「ペリーヌ物語」のヒロイン・ペリーヌなんです。

 初めに父親に死なれ、旅の途中では母親にも先立たれ、それでも彼女は元気と聡明さを失うことなく、最後には祖父のビルフランと再会できるというエンディングです。

 

 高速道路を運転中に大動脈解離が発症し、必死でハザードランプを点灯させて、事故をふさいだ鶴さん。無念の最期だとは思いますが私を含めたアニメファンの皆さんは絶対に貴女のこと、貴女の演じたキャラクターのことを忘れません。

 ビルフラン様(巌金四郎さん)のところで心行くまで甘えてください。

 

 今日は「ペリーヌ物語」の最終回の映像をリンクします。鶴ひろみさん、ありがとうございました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=gVgUCh7U4Ec


紅緒、花の十七歳

 今日、数年ぶりに映画を見ました。大和和紀さん原作で、昭和53年にテレビアニメ化された「はいからさんが通る」が

リメイクされたので、興味津々で難波まで見に行きました。

 ストーリーは書くとネタバレになるのであえて書きませんが、久々に「見て良かった!」と思える作品でした。

紅緒のお転婆、だけど愛嬌があり曲がったことが大嫌いな、そしてお酒を飲むと暴走してしまう、だけど可愛らしい性格

私も紅緒が好きになりました。最もあの作品の登場人物で彼女を心底から嫌う人なんかいないような感じで、今の日本には

男女とも紅緒みたいな人がいないのが寂しいです。私も彼女にあやかりたいです。

 

 今回は前編で、後編は年が明けてからなので、不完全燃焼状態です。早く年が明けてほしい。そして多くの映画館で上映してほしいです。

 

 今日は映画の宣伝と映画の一場面です。↓

 

 http://haikarasan.net/

 

 https://www.youtube.com/watch?v=WadygaUglZA


久々の「うたコン」

 昨日の「うたコン」は昭和53(1978)年に逝去した、日本を代表する作曲家、古賀政男さんの特集でした。

今回の特集に工藤あやのさんが久々に出演して、氷川きよしさん、水森かおりさん、椎名佐千子さんと共に

昭和32年の小坂一也さんの「青春サイクリング」を歌唱しましたし、古賀メロディーではありませんが、チータ(水前寺清子さん)の「涙を抱いた渡り鳥」のバックで椎名さんとあやのさんが踊りを披露してくださり大変嬉しかったです。

 

 今日は、岩崎宏美さんがカバーした「青春サイクリング」とチータが「紅白」初出場の時の「涙を抱いた渡り鳥」の映像です。

 

https://www.youtube.com/watch?v=U7UxB1T5-xg

 

https://www.youtube.com/watch?v=fdEiGoQuVeI


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM