引退して良かった

 タレントの木下優樹菜がやっぱり引退しました。当然でしょう。

以前からヤンキーあがりのこの女が嫌いだったので胸がすっとしています。

 

木下は昨年11月18日に実姉の勤務していたタピオカドリンク店に暴言ともとれるダイレクトメール(DM)を送り、ネット上などで騒動になったことで、芸能活動を自粛。同年大みそかにはお笑いコンビ「FUJIWARA」のフジモンこと藤本敏史(49)との離婚を発表した。    木下は2006年にスカウトされ、プラチナムプロダクション入り。翌07年にはフジテレビ「クイズ!ヘキサゴン??」で「おバカキャラ」が受けてブレーク。里田まい(36)、スザンヌ(33)とのユニット「Pabo」などで音楽活動も展開した。10年には同番組で共演した藤本と結婚。7歳と4歳の2女がおり、シングルマザーとなって決意を新たにしていた。 

 

 まずは恫喝メールを出したタピオカ店に謝罪しなさいよ!と言いたいです。

 

それから、一般人として就職することにより「社会常識」を身に着けて地道に母親として

暮らしてください。

 


まゆゆ 元気でいてください

 元AKB48の「まゆゆ」こと渡辺麻友さんが体調不良のため、芸能界を引退したニュースに

非常にがっかりしています。

 まゆゆは今では珍しい「正統派アイドル」を全うした人で好きなんです。

スキャンダルなし、いつもステージは一生懸命、ファンにも優しい

そして、「スーちゃん」こと、今は亡き元キャンディーズの田中好子さんに笑顔が

そっくりでとっても爽やかでかわいいのです。

 

 AKBを卒業してからも女優業に全力で挑戦し、去年の朝ドラ「なつぞら」では

ヒロイン、広瀬すずさんの勤めるアニメ会社の同僚の女性を演じておられました。

 

 今の若い芸能人の女性には私の好みの人が少なくて悲しかった(他にはスペインへ行ったサッカ―選手

と結婚した真野恵里菜さんぐらいです)

 

 精神的な辛さからくる体調不安で引退だそうですね。SNSでの誹謗中傷が原因で

急死したプロレスラーの木村花さんのことでさらに症状が悪化したとも聞きます。

 私にもまゆゆや木村さんの苦しみ、辛さが痛いほどわかります。

 何十年といじめを受けて、ネットでも冷たい目にあってきました。

 

 まゆゆは超人気者なので誹謗中傷もすごく多かったと思います。

 

 でも、貴女はまだ26歳。努力家の貴女ならきっと新しい人生、幸せになれますよ。

 

  まゆゆが過去にセンターをつとめた「ヘビーローテーション」の映像です。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=UbOdA2OCMiw

 


幻の歌手、復活?

 昨日、YouTubeを見ていたら「藤山ジュンコ」さん(?)という映像を見つけました。

アニメファンならご存知の方も多いでしょうが、藤山さんは芸能界を舞台にした

最初のアニメ「さすらいの太陽」でヒロイン、峰のぞみの声をあて、アニメの中では

昭和46年前後の流行歌や師匠のいずみたくさんのヒット曲をのぞみとして多く歌っていました。

DVDボックスで聞くことができます。

 彼女の歌う「心のうた」のフルコーラス(朝日ソノラマから発売。オリジナルレコードは

堀江美都子さんが歌ったレコードです)も聞けます。そして藤山さんのオリジナル曲の「鎖」も

のぞみが師匠の江川いさをから「横浜の黒人バーで歌うように」と言われた回で挿入歌として

披露しています。

 

 しかし、藤山さんは「さすらいの太陽」放映直後に突然引退してしまいます。

ウイキペディアによりますと後日、平成20(2008)年にお兄さんの映画監督の

藤山顕一郎さんの作品で「WE SHALL OVERCOME」を披露したと書かれていました。

 でもその映像は見たことがなかったので今回、藤山さんらしき映像が見つかったので

すごく嬉しくてリンクいたします。

 そして「さすらいの太陽」でも披露した「鎖」もリンクいたします。

 

私の願望ですがアニメジャパンフェス(AJF)にミッチ(堀江美都子さん)と共演して

「心のうた」を1番をミッチ、2番を藤山さんが歌ってほしいです。アニメでは

ミッチバージョンは1番、藤山さんバージョンは2番の歌詞だったからです。

 藤山ジュンコさん、また表舞台で歌ってください。絶対見に行きます!

 

 https://www.youtube.com/watch?v=v8Ves8l44W0

 

https://www.youtube.com/watch?v=wVD_YZ_DqHs


コロナ、本当にもう嫌です

 先日、女優の岡江久美子さんが新型コロナウイルスによってお亡くなりになりました。

まだ享年63歳でした。

 

 前に書きました通り、私の父が亡くなった翌日に志村けんさんが亡くなり、今度は

岡江さん、もうこのコロナいつまで続くんだとうんざりしてきています。

 毎日、休日は自宅に閉じこもり、仕事には倉庫なのでマスク着用です。もううっとしい!

 

 でも、私の父はきちんと葬式をしてもらえましたが、志村さんのお兄さんと

岡江さんの夫の大和田獏さんは遺骨でしか対面できなかったのですよね。

気の毒です。

 

 岡江さんと大和田さんを初めて知ったのは多くの人がそうだと思いますが

NHKの「連想ゲーム」でした。

 

 私が小学生の頃に見ていた時の記憶では、司会者が後にNHKの顔になる

松平定知アナで男性軍キャプテンが加藤芳郎さん、女性軍キャプテンが中田喜子さんでした。

 坪内ミキ子さん、渡辺文雄さん、檀ふみさん、大和田獏さん、水島裕さん、そして岡江久美子さんでした。

懐かしいです。水曜日午後7時半毎週見ていました。

 大和田さんと岡江さんはこの番組の共演がきっかけで結婚なさったのですよね。

 

 本当にコロナ、憎らしい!大型連休に予定していたコンサートも延期になりましたし!

 

 今回は岡江さんを偲んで岡江さんと大和田獏さんが出演していた時の連想ゲームをリンクします。

 他にもゲストのひかる一平さん、倉田まり子さんが懐かしいです。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=a7cnZdKSqsQ

 


二重の悲しみ

 今の私はすごくへこんでいます。28日に以前に肺がんで入院したと書いた父親が28日9時26分に77歳で

亡くなりました。そのまま、公益社まで行き通夜、告別式の準備、29日は通夜、昨日は身内葬での告別式

 30日が告別式、約30年ぶりに義理の叔母、従妹(伯母の娘)、初めて義理の叔母の娘さんに会いました。

彼女は父親(叔父)が小学生の時に亡くなっているので、父が保証人としてなって進学できたのです。

 告別式よりも父の遺影を抱えて火葬場へ行くときのバスになった時に突然、泣き出してしまいました。

火葬場でも思わず「お父さん!」と叫んだことに母や妹は驚いていました。

 これからは高齢の母、妹、従妹、私で毎日をひたむきに生きていかなければなりません。必ず

しあわせになります。

 

 もう一つの悲しみは、29日にドリフターズの志村けんさんがコロウイルスによる肺炎で70歳で

亡くなりました。

 私も実は「8時だョ!全員集合」を見て育った世代ですのでショックはとてつもなく

大きいです。

 東村山音頭、カラスの勝手でしょう、ヒゲダンス、早口言葉、仲本工事さんとの西部劇コント(「最初はグー」は

ここから誕生したのです)などよく覚えています。

私は一番好きだった志村さんのコントは実はファンの桜田淳子さんのファンなのです。だから

彼女がゲスト出演と分かった時がすごく嬉しかったです。もちろん「夫婦コント」が大好きです。

パターンが決まっているのにいつも笑っていました。

 いつか、実際に主婦になった桜田さんと志村さんと一緒に中年になった

「夫婦コント」を見たかったですが、それも叶わぬ夢になってしまいました。

 

 ドリフのメンバーの加藤茶さんのコメントと同じで私も「コロナが憎い!」です。

私は父の遺体に会えましたが、志村さんのお兄さんたち遺族は遺体に会えず白骨でしか

会えないのですから。

 

 志村けんさん、生涯「お笑い」を貫き通した貴方は本当にかっこいい方です。

 

 大好きな夫婦コントをリンクします。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=-oCWgwlxj4M

 

 


宝塚ファミリーランド

 先日、往年の宝塚歌劇のスターで「紅白歌合戦」にも出場したことのある「スータン」の愛称で

親しまれた真帆志ぶきさんが87歳で他界されました。

 

 私は宝塚歌劇のファンでもなければ、真帆さんの舞台を見たことはありません。

しかし、彼女には思い出があります。

 平成15(2003)年に閉園した「宝塚ファミリーランド」のアトラクション「世界はひとつ」の

テーマ曲を歌っていたのです、上月晃さん、麻鳥千穂さんと、一緒に。

 私も、猪名川に住んでいた子供の頃にはもちろん家族で何度かファミリーランドへ行きました。

ボートに乗って、世界中の民族衣装を着飾った人形が並んでいるアトラクション「世界はひとつ」も

もちろん見ました。幼心に「遊園地はいいなあ」と思ったものでした。

 宝塚ファミリーランド、金曜日7時からの阪急ドラマ、そしてなんと言っても阪急ブレーブス!!

幼い頃の思い出はもう「阪急」一色でした。

 

 また「宝塚ファミリーランド」へ行きたい。と思いました

 

 今日は真帆志ぶきさん、上月晃さん、麻鳥千穂さんが歌う「世界はひとつ」をリンクします。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=CK_lDQw58kA


さよなら大好きな人

 毎週月曜日から木曜日には過去に私が通所していた施設の訓練生が手伝いにやってきてくれます。

そして、その施設の職員さんがリーダーとして色々指示しています。

 

 先日、女性職員のAさんが、今年度で施設を辞める。つまり、私の会社には二度と来ないということになりました。

大ショックです。と言いますのも、11年前に初めて彼女に会ったとき、「まるでぼくの年下のおふくろみたいな人だ」

というぐらい穏やかで頼りになる方で、施設にいたときは彼女が一番話しやすかったです。それに最初の就労先を

辞めて、施設に戻った時にAさんが私の担当職員になられて、実習のことや色々なことを彼女になら気軽に話せる

方だっただけにすごく落胆しています。

 

 新しく来られる方が、彼女のような感じの良い穏やかな方でありますように。

 

 今日は無関係ですが「たった一つの想い出」(センチメンタル・グラフィティ)をリンクします。↓

 

https://www.youtube.com/watch?v=JAu1wMYvKq4


野村克也さん、お疲れ様でした

 驚きです。元南海ホークス、ロッテオリオンズ、西武ライオンズの選手、ヤクルトスワローズ、阪神タイガース、東北楽天ゴールデンイーグルスで監督をつとめた「ノムさん」こと野村克也さんが11日朝に84歳でお亡くなりになったことに。

 死因は、3年前に亡くなられた「サッチー」こと沙知代夫人と同じ「虚血性心不全」だったことに。

 確かに野村さんは、サッチーが亡くなられてからはまるで覇気が感じられませんでした。

 私ならサッチーが妻や母親なら絶対に嫌ですが、野村さんにとってはかけがいのない大事な人、心から愛した人なのだったのだなと

感じずにおれません。

 

 あと、マスコミ報道では「監督」としての野村さんに偏った報道ですが、阪急ブレーブス及びパ・リーグが大好きな私には

「もっと『野村克也選手』を取り上げてよ」と言いたいです。

  昭和29年に京都府の峰山高校(京丹後市)から南海ホークスへ入団、32年に初めてのホームラン王、

8年連続のホームラン王、38年には戦後初の50本塁打、40年には戦後初の三冠王!、他にも「サヨナラ本塁打11本」

「最多外野フライ」、生涯一捕手として、ロッテ、西武と移籍し、昭和55年には日本初の3000試合出場!

私が初めて野村さんを知ったのは解説者としてで、「野村スコープ」を見て「この人、ただものではない解説者」と

幼心に感じました。

 

 野村さんには最後は楽天で優勝してほしかった。60年以上お疲れ様でした。

 

 虚血性心不全と、灰田勝彦さんが歌う「南海ホークスの歌」をリンクします。

 それから、野村さん、お願いですから父をまだ天国に連れて行かないようにお願いいたします。

 

https://bunshun.jp/articles/-/34116

 

https://www.youtube.com/watch?v=lNXIiEtKlYo


父と山本浩二さん

 今週の月曜日より父がまた入院しました。肺がんで、坐骨神経痛のような痛みもがん細胞の移転によるものだそうです。

母からこのことを聞かされて頭が真っ白になりました。

 父は昔はヘビースモーカーでしたが、ここ10年ほどは煙草を吸っている姿を見かけなかったので、別の病気でしょうと

信じられませんでした。

 母が毎日病院へ付き添っています。父も母も年齢は先日他界した梓みちよさんと同じなので、不安が強いです。

父の病気、母の疲労。考えただけで気が遠くなります。

 

 そんな中、今日元広島東洋カープの選手で「ミスター赤ヘル」といわれた山本浩二さんが去年の4月から

肺がんと膀胱がんにかかり、4回も手術を受けていたと聞き、そして回復して宮崎のジャイアンツのキャンプに

取材に行かれました。

 

 このニュースを知り、父も浩二さんのように回復してほしいと強く願っています。

母も梓さんのように急に倒れることのないように祈っています。

 

 父の全快を祈り、「燃える赤ヘル 僕らのカープ」(歌は塩見大二郎さんです)をリンクします。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=m9__Y1TFZfk


めをといはさん

 昨日、部屋の掃除をしていましたら、去年の秋に急逝した私と同い年の友人「めをといは」さんからの

年賀状が出てきました。

 落語や日本酒が大好きだった彼。

思い出は雑談で色々なアニメ歌手の誕生日を話していたら「あんさん(彼は私をこう呼んでいました)、林家ぺー

みたいやな」と言われ、後日ペーさんが出演しているテレビを見たら彼が次から次へと有名人の誕生日を

答えている姿に自分が重なりました。

 ラジメニアンとしての友人だった彼。他にも1997年の「藤子・F・不二雄特集」で「ドラえもん」(1973年の幻の作品と

言われている)で、彼と私とリクエストがかぶり、私たち以外にも「いかにもしそうな人たちだ」というリスナーばかりだったので

そのときの放送は録音し、保存してあります。

 

 気さくな人でいつもイベントでは話しかけたら会話をしてくださる人でした。精神的に病気の私にも暖かいメッセージを

年賀状に書いてくださいました。二度と語り合えないのが非常に悲しいです。大好きな人ですのでいまだに立ち直れていません。

 

 幻の「ドラえもん」をリンクして、改めて「めをといは」さんの冥福を祈ります。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=dlIaqlbflWw

 

 

 

 


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM