イオン高槻店

 連休中の4日に、1年以上ぶりに神園さやかさんが歌いに来るというので

駈けつけました。

 先月にも来ていたのですが、前に書いた吉沢京子さんの「京のことだま」を見に京都へ行きましたので

時間的に無理なので断念しました。

 

 13時と15時からの2回で 「赤いスイトピー」「PRIDE」「ハナミズキ」「星に願いを」

「テネシーワルツ」(英語で)「イン・マイ・ライフ」(英語で)オリジナル曲「華 HANA」

「風信子」(松浦亜弥さんの)等を披露されました。

 

 これで、やっと去年の今頃に発売されたジャズアルバム「I  Wish You Love」と「ボートレース平和島応援ソングコレクション」を

ついに買えて非常に嬉しかったです。ネットで買うより、歌手の歌声や姿を自分の目で見聞きして、買いたいと思っていましたので。

 翌日は数年ぶりの大阪でのシークレットライブ。内容を書くことはさやかさんから厳禁されていますので、書けませんが

一言「進行がスムーズだった」です。

 

 今日はもちろんさやかさんでZARDの「揺れる思い」です。↓

 

https://www.youtube.com/watch?v=0mPBPZEWmtg

 

 


京のことだま 3年ぶりの京都

 1日の日曜日には京都の三条へ行きました。今年女優生活50周年を迎えられた吉沢京子さんのライブがあるからです。

 

 お客さんは吉沢さんと同世代の中高年、すでに還暦を超えられたような方々ばかり、中には吉沢さんが発売したレコードを全部7枚お持ちの方もいました。

 

 歌では「すっ飛べ青春」「恋をするとき」「星に行く汽車」「愛を歌わないで」「同窓会 ノスタルジア」「alive」に加え

中島みゆきさんの「糸」も披露してくださいました。

 

 この「京のことだま」ではパートナーである鈴木裕子さんも登場、吉沢さん主演の「父ちゃんのポーがきこえる」を学校の体育館で見たことがあると話していました。(世代を感じます。私は「典子は・・・今」です)

 

 吉沢さんが人生で出会った言葉の中で一番感激した言葉、私も感激したので記します

 

「嘘笑いでもいいから、笑顔を作ると寿命が延びる」

 

 私もこの言葉を大切にします。

 

 最後は47年ぶりのアルバム「alive」の発売とサイン会、私の人生は吉沢さんの女優人生より短いこと、吉沢さんを知ったきっかけは「ど根性ガエル」の京子ちゃんということを話し、昭和45年のアルバム「幸せってなに?」が載っている「昭和歌謡ポップス、アルバムガイド1959〜1979」をプレゼントしました。「本当にいいの?」と驚かれましたが、内容に彼女が満足してくれればいいなと思っています。

 

 また、関西にいらしてください!

 

 今日は吉沢京子さんの「同窓会 ノスタルジア」です。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=NHI6ussBXuI


照れますね

 あるツイッターにこのような書き込みがりました。

 

海上自衛隊音楽隊の音源をリクエストするとは 凄いチャレンジャーがいたもんだ 音源は知っていたけれど ラジオ関西に音源あったのかΣ(・∀・;) #radimenia

海上自衛隊東京音楽隊の三宅由佳莉さんがカバーしたベルバラOP。これはリクエストした人が凄いわw  
 実は私、達がリクエストしたのです。
三宅由佳莉さんが大好きなので。他にもCD[ブラバン・ヒーローズ」では
「海のトリトン」「キューティーハニー」「残酷な天使のテーゼ」を歌っていたのですが
私は「薔薇は美しく散る」が一番の出来だったのでリクエストしました。
 海上自衛隊の音楽隊が「ラジメニア」とは無縁でしょうから思いっきってリクエストしました。
 でも「すごい」んですか?「由佳莉ちゃん、だーいすき!」(エルちゃん風にお読みください)と思って出しただけなのに((笑)
 やはり採用は嬉しいです。まだ今年に入って2回しか採用されていないので。
 その三宅さんのアニソンをリンクします。↓

三田悠子さん

 先日、日本橋のとある中古レコード店で、三田悠子さんのLPを見つけて前からほしかったものなので

思わず買ってしまいました。

 デビュー曲「愛のふれあい」(沢ひろしとTOKYO99 のヒット曲とは同名異曲)や「冬の駅」「私鉄沿線」

「挽歌」「ある事情」「二人でお酒を」「グッド・バイ・マイ・ラブ」のカバーが入っていました。このアルバムに

その後テイチクから発売されたシングルが全部CD化されることを願っています。

 

 日本人離れした華やかな美貌とは裏腹におとなしく物静かな歌い方で「挽歌」は由紀さおりさんより三田さんの方が良いと思いました。

 現在は引退されたようで逗子でフラワーショップを経営しているようです。

 

 三田悠子さんの「国際線」です。↓

 

https://www.youtube.com/watch?v=n8k4VGkeoaI

 

 


第49回 思い出のメロディー 後半

 

 

  

  もしもピアノが弾けたなら(56)西田敏行

  ひまわり娘 (49) 伊藤咲子

  狼なんか怖くない(53)石野真子

  津軽海峡・冬景色(52)石川さゆり

  ジョニィへの伝言〜五番街のマリ―へ(48)高橋真梨子

  熱き心に (60)小林旭

  さよならをするために(47)ビリー・バンバン

  待つわ   (57) あみん

  二人の世界  (40) 石原裕次郎(VTR) 水森かおり

  人生一路    (45)天童よしみ (美空ひばり)

  北の蛍     (59) 森進一

 

 

  後半は、10年前に逝去した作詞家の阿久悠さんの特集です。

 

 西田敏行さんが案内人をつとめ、その後ピンクレディーの秘蔵映像、ピンクレディーの売り上げベストテンも発表

 

 その後、西田さんが女性ピアニストの伴奏で歌う。

 

 伊藤さんは客席で「ひまわり娘」を歌う。まるで「スター誕生!」の新人紹介のコーナーを思い出しました。

 

 最前列には、福田こうへい、丘みどり、山内惠介、市川由紀乃、春風亭昇太、加藤一二三、三山ひろし、山田姉妹の皆さんが

観客と一緒にひまわりの花を振っていた。ひふみんがすごく楽しそうにしていたのが、微笑ましかった。

 

 真子さんと狼のパペットを付けた女性ダンサー、2番の歌詞でハイヒールを片方脱ぎながら踊る。真子さんも齢を重ねて

きれいになりましたね。

 

 さゆりさんの「津軽海峡・冬景色」の字幕はあえて阿久さんの直筆で表示

 

 高橋さんは録画だったのが残念。ステージで歌う姿が見たかったです。

 

 旭さん、今日5曲目「多すぎる!」と思いますが、彼なら大スターなのだから「まあいいか」と許せる雰囲気があります。

 

ビリー・バンバン(菅原孝・進兄弟)の「さよならをするために」は石坂浩二さんが主演の「3丁目4番地」の主題歌で石坂さんご本人の作詞。VTRでのコメントで、この歌を作った時の心境、平成26(2014)年に兄の孝さんが脳内出血で倒れ、リハビリを経て、復帰したことへのエールをコメントする。

 

 ステージ上の車いすの孝さんも感激し「石坂さん、ありがとう!」と絶叫。

 

 弟の進さんも痩せましたが声は出ていました。兄弟そろってのビリーバンバン。孝さんの一日でも早い全快を願います。

 

 そして私にとっての思い出のメロディー「待つわ」、「あみん」は岡村孝子さん、加藤晴子さんのデュオで昭和57(1982)年の

大ヒットで「紅白」出場。翌年以降も期待が持てると思っていたら、活動休止。それから、岡村さんは「夢をあきらめないで」等のヒット曲を生み出したシンガーソングライターとなり「ОLの教祖」とまで奉られたことがあります。対照的に加藤さんは大学卒業後に就職、結婚、出産と主婦へとなります。

 

 平成19(2007)年に活動再開、この年の「紅白」でも「待つわ」を披露。加藤さんがすごくおしゃれな女性になっていたのに驚きました。

 

 岡村さんも加藤さんも「まさか35年経って、あみんで「待つわ」を歌うなんて思っていなかったのでとてもうれしい」

 

 岡村さんの声が少し衰えたのが残念ですが、私が小学生の頃で学校でも女子がよく歌っていましたね。有働さんがすごく嬉しそうにしていました。でも、貴女?当時は本当に「小学生ですか?」

 

 再び浅丘さんが登場、裕次郎さんとひばりさんの想い出を語る。

 

 裕次郎さんの映像と水森さんによる「二人の世界」CD化してほしいです。

 

 ひばりさんを歌うのはやはり天童さん。「人生一路」は「カラオケバトル」での「U-18四天王」の一人、竹野留里ちゃんも

見事に歌っていました。

 

 最後は森進一さんと蛍の光合唱団による「北の蛍」。森さんの和服、見覚えがあると思ったら、昭和59年の「紅白」で白組のトリを務めたときと同じ和服だそうです。

 

 不満なのは時間が押して、有働アナが「それではさようなら」とあっさりと締めたこと。

 

 やはりエンディングは全員そろって何か歌を歌ってほしかった。私なら亡くなられたペギー葉山さんの「学生時代」が

ベストだと思います。

 

 最後に司会ですが氷川さん、9年前に比べて話術が上達していました。またどこかで司会勤めてほしいですね。

 

今日のおまけは「夜のヒットスタジオ」での、あみんの「待つわ」です。

 

https://www.youtube.com/watch?v=XgwRdG2XZ70

 


第49回 思い出のメロディー 前半

  オープニングには和服姿の司会者の氷川きよしさんが「僕も今年は40歳」云々と語り、

「第49回 思い出のメロディー!」と開会宣言し!出演歌手全員が登場。 

 

  皆の衆 (昭39) 全員(原曲は村田英雄)

  狙いうち (48) 山本リンダ

  経験    (45)辺見マリ

  達者でナ  (35)三山ひろし 福田こうへい (三橋美智也)

  襟裳岬   (49)森進一

  愛の化石   (44)浅丘ルリ子

  ギターを持った渡り鳥〜自動車ショー歌〜ダイナマイトが百五十屯(34、39、33)小林旭

  昔の名前で出ています(50) 小林旭

  おひまなら来てね(36) 五月みどり

  三味線ブギウギ  (24) 市川由紀乃 丘みどり (市丸)

  お座敷小唄    (39)マヒナスターズ 山内惠介 五月 市川 丘 (松尾和子、和田弘とマヒナスターズ)

  月がとっても青いから(30)菅原都々子

  故郷        (大正3) 島津亜矢 山田姉妹

  ヴァケイション    (37)伊東ゆかり 中尾ミエ 園まり

  小指の想い出     (42)伊東ゆかり

  逢いたくて逢いたくて  (41)園まり

  可愛いベイビー     (37)中尾ミエ

  ボーイ・ハント     (36)伊東、中尾、園

  さくらのバラード     (46)倍賞千恵子

  一本の鉛筆       (49)氷川きよし (美空ひばり) 

 

  全員集合してなので、あみんのお二人が歌う「皆の衆」なんてよそでは見られない貴重な場面もありました。

 

 歌い終わった後、和服姿の有働由美子アナが登場、平成15(2003)年の「紅白歌合戦」以来14年ぶりに見ました。

 

 浅丘ルリ子さんは普段とは違う舞台なので非常に緊張していることがこちらにもよく伝わってきました。

 

 リンダさん、男性ダンサーの騎馬に乗って登場。ダンスも歌声も還暦過ぎとは思えないほど迫力がありました。

 

 辺見さん、いつも通りの「やめて」のアクション、衣装は昭和45年のレコード大賞の時の衣装を薄くした感じのものでした。

 

 福田さんと三山さんの「達者でナ」この共演は初めて見られた嬉しかったです。

 

 森さん「紅白歌合戦」最後の出場の時にはこの歌を歌ってほしかった。「日々の暮らしは嫌でも やってくるけど 静かに笑ってしまおう」という歌詞が最近は心に響きます。

 

 浅丘さん、普段と違ってド緊張、音程も少しずれていましたが、台詞も歌もきちんと間違えることなく終えました。

いつか映画の「愛の化石」を見てみたいです。

 

 旭さん、ちょっとしゃべり過ぎですが、今でも独特の「アキラ節」を維持しているのはすごいです。

 

 「昔の名前で出ています」の間奏のあいだにこの歌で「28回紅白」に初出場した時の映像が流れる。

 

 この後は春風亭昇太さんと山内惠介さんが狂言回しとなってお座敷ソングのコーナー

 

 五月さん、喜寿とは思えない若々しさに唖然としました。

 

 市川さん、丘さん、花柳糸之社中によるラインダンスは圧巻ですね。

 

 昇太さんによる、みどり奴さん、ゆき奴さん、五月姐さんとの掛け合い、「笑点」そのものでしたね。

 

マヒナスターズはオリジナルメンバーは松平直樹さんぐらいしか残っていませんが、彼にはまだまだ歌い続けてほしいです。

 

 「戦後を彩った歌手」として 「リンゴの唄」「かえり船」「桑港のチャイナ街」「連絡船の歌」がVTRで流れました。

 

 ステージには今月6日に卒寿を迎えられた菅原都々子さんと氷川さんが一緒に登場、氷川さんが「菅原さんは66年前の「第1回紅白」でトップバッターを務められたのです!」と紹介。

 

 菅原さんは「先輩ばかりでおっかなくて早く帰りたいと思っていた」と当時を振り返りました。

 

 さらに「歌がなければ、私はもう死んでいます。スタッフやバンドの皆さんのお陰です」と感謝の言葉を述べられ、「美しい日本人」の姿を見せられて頭が下がります。

 

 間奏や歌の間で涙ぐむ場面がありました。90年の人生、80年の歌手人生が走馬灯の如く脳裏をよぎったのでしょうね。

 

 今年、話題を呼んだ元棋士の「ひふみん」こと加藤一二三九段が登場。

 

 思い出の歌は「故郷」、島津さんと山田姉妹が息の合った歌声を披露。

 

 この日でテレビが最後の出演になる「スパーク三人娘」(伊東さん、中尾さん、園さん)の「ハイハイ三人娘」の映画の映像も流れる。(私もレンタルしてみたことがあります)

 

 中尾さん曰く「このコンサート、一人でもいなくなったらやめようと思っていたけど、あなた、いなくなるどころか

5年たち10年たち、3人の合計年齢が210歳を超えて「トリプル古希」になってしまいましたよ」

 「たった1曲で昭和と平成を生きてきたなんてすごいと思わない?」と今回もしゃべりがすさまじかったです。

 

 次は倍賞さんのコーナーでヒット曲「下町の太陽」の映画が流れる。

今回は葛飾の帝釈天で夫の小六禮次郎さんのピアノの伴奏で「さくらのバラード」を歌う。この歌だけが今回の放送で

知らない歌でした。

 

 最後は翌日が「広島原爆の日」ということで美空ひばりさんが昭和49年に歌った「一本の鉛筆」を氷川さんが歌って

一部が完結。予想以上に説得力のある歌声でした。

 

 今日のおまけは「さくらのバラード」にします。

後半は次回書きます

 

https://www.youtube.com/watch?v=JUQZexaScIM

 

 

 

 

 

 

 

 


恋ごよみ

 日曜日に大阪の北区の「ミュージックショップあこや楽器」で5か月ぶりに、工藤あやのさんの歌声を聞きました。

一昨年閉店になった、十三の恵比寿堂のような感じの店でした。楽器も売っている恵比寿堂ですね。

 

 あやのさんの歌唱曲は

 

 恋ごよみ (1コーラス)

 

 故郷さん、あいたいよ

 

 わたしの太陽

 

 漁火恋唄 (原曲は小柳ルミ子)

 

 ときめきロマンス

 

 恋ごよみ

 

 でした。

 

 初めて生で実は好きな「わたしの太陽」が聞けたことがすごく嬉しかったです。(21世紀版の「下町の太陽」です)

 

 「ときめきロマンス」は「恋ごよみ」のカップリングで今までにないあやのさんらしくないポップス調の歌でした。

 

 サイン会に行って今回も握手してもらいました。観客は私よりも年長の方ばかりでした。((笑)

 

 今後、彼女がどうなるのかわかりませんが「息の長い歌手であってほしい」です。

 

 今日はもちろん、工藤あやのさんの「恋ごよみ」です。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=e_EZu23shvA


速水栄子さん

 先日、「ディスクユニオン大阪店」で、速水栄子さんのCD「恋人くん 花暦 12の愛の詩+5」を購入しました。

速水さんは、本名の「吉田栄子」の名前でコロムビアから「ちびっこのどじまん」関連の歌を吸う曲レコーディングしています。

堀江美都子さんやかおりくみこさん達と同じ時期です。

 

 その後、昭和46(1971)年に人気絶頂の藤圭子さんの自伝映画で少女時代の藤さんを演じ、翌年に「速水栄子」の名前で「恋人くん」でデビューします。(余談ですが、この歌こそ「カラオケバトル」のU―18四天王の一人、鈴木杏奈ちゃんにカバーしてほしいです)

 年齢の割に知的で意志の強そうな顔立ちの美少女でした。「恋人くん」の♪シャラランララン〜恋人くんを早く作りたい〜 

の部分がかわいくて大好きです。

 

 他には「遠くであなたを」「心の湖」「牧場の少女」「涙のステンドグラス」「新人歌手」「恋の遊園地」が気に入りました。

デビュー当時12歳だそうですが、栄子さんが可憐すぎる。歌も歌詞も。

 

 私が生まれた頃のデビューなので妙齢でしょうが、元気でいらっしゃるのでしょうか?

 

 

 速水栄子さんです。↓

 

 http://preteen.web.fc2.com/ha/hayami_eiko.html

 

 

 速水さんの歌声「幸せと悲しみ」です。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=LPe5uWC6A4E

 

 


コロムビア・ガールズ伝説 FIRST GENERATION 1972−1979

 先日「コロムビア・ガールズ伝説 FIRST  GENERATION1972-1979」というCDを購入しました。同時に「同EARLY YEARS 1965-1972」も購入しました。(「EARLY」のほうは「ミッチーキンキ」に投稿する予定です。

 

 小柳ルミ子さん、南沙織さん、天地真理さんの「新三人娘」、昭和46(1971)年に開始した「スター誕生!」出身の山口百恵さん、桜田淳子さん、森昌子さんの「花の中三トリオ」が大活躍。男性アイドルでも郷ひろみさん、西城秀樹さん、野口五郎さんの「新御三家」が大人気で正に「百花繚乱」という様相を呈していた時代の歌がメジャー、マイナー合わせて40曲も収録されたのです!

 

 坂口良子さん、姉妹デュオの「さくらんぼ」、「寺内貫太郎一家」にも出演していたいけだももこ(池田桃子)さん、「スター誕生!」出身者らしくない、ハスキーボイスで全盛期の和田アキ子さんを上品にした感じのおがた愛さん、後にプロレスラーや教祖に転身するミミ(ミミ萩原)さん、グラビアアイドルの草分けで現在も活動中の三東ルシアさん、「ベルサイユのトラック姐ちゃん」のエンディングも歌われた山本由香利さん、一枚だけで引退した田中紀代子さん、北沢まゆみさん、「少女演歌歌手」米田晴美さん、1枚目のラストはリンゴのルードで伝説のモデル麻田奈美さんの唯一のシングルを両面収録、2枚目はメジャーどころで榊原郁恵さんと高見知佳さんが2曲づつ、「スター誕生!」出身で現在も現役歌手の谷ちえ子さん、同じく「スタ誕」出身の大橋恵里子さん、外見と歌声のギャップが激しい双子「あいあい」、ゴールデンハーフ・スペシャル、ホリプロ・スカウトキャラバン出身の高田橋久子さん、「恋愛未遂常習犯」での「るっせい!」の声が強烈なたかだみゆきさん、2作目の「ひみつのアッコちゃん」のアルバムにも登場した尾形明美さん、父親が阪神タイガースの前身の大阪タイガースの強打者、松木謙治郎さんを父親に持ち、有名な歌手のバックコーラスを数多く務める「職人歌手」松木美和子さん、「神社ヒーリング」で知られる比企理恵さん、「スタ誕」出身の夏山美樹(デビュー当時の芸名は梶たか子)さんといった顔ぶれがそろいました。

 

 アマゾン↓

 

 https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%A0%E3%83%93%E3%82%A2-%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E4%BC%9D%E8%AA%AC-FIRST-GENERATION-1972-1979-%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%8B%E3%83%90%E3%82%B9/dp/B06XKZ8J9K/ref=pd_bxgy_15_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=3Q50KDERY3S1T7BGEC7V

 

 山本由香利さんの「恋はかくれんぼ」です。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=IjW-aa5u2_0

 


トイキャラポップコレクション

 みなさん、子供の頃好きだったおもちゃは何でしょうか?

 

先日昭和時代に一世を風靡したおもちゃのイメージソングが入ったCDが発売されました。

 

 1はヒーロー&ヒットで、現在でもバイキンマンの声をなさっている中尾隆聖さんが「竹尾智春」という名前で

歌っていたころの歌、ファーストガンダムの主題歌を歌われた池田鴻さんが歌った「マシンザウラー」(私の一番の目的です)

「ひょうきん族」の「アダモちゃん」で有名な島崎俊郎さんがいたヒップアップがイメージソングを歌った「なにがなんでもおちないくん」極めつけはフラフープ、しかもSP音源で金子登美江「世界を廻るフラフープ」と、「次男坊鴉」や「はたちの詩集」で有名な白根一男さんと、「赤いグラス」の作曲者牧野昭一さんの弟子の草葉ひかるさんのデュエットという昭和歌謡ファンにもたまらない

チョイスです!

 

 2はファンシー&カワイイで、アグネス・チャンさんのお姉さんアイリーンさんの「イチゴ娘」(サンリオレコードから発売されていたのでこれが一番欲しかった!)

 他にも「パタリロ!」の藤本房子さんがキティーちゃんになりきって熱唱したり、キキ&ララ、リカちゃん(声は歌謡曲ファンが

大好きな涼川真里さんです)、過去には「桜井妙子」の名前で「アンデルセン物語」の主題歌を歌っていた朝倉理恵さんが歌う

モンチッチのイメージソングなどレア曲の目白押し、買って良かったCDでした。

 

 今日は香山リカ、いずみ、わたるで「リカちゃんトリオ」のテーマ曲です。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=G4B-4HtyR2c


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM