21人の和服のラインダンス

 今月も工藤あやのさんが出演していました。残念ながら今回も「故郷さん あいたいよ」は聞けませんでしたが

今回は和服で神楽坂はん子さんの「ゲイシャ・ワルツ」(昭和27年)と市丸姐さんの「三味線ブギウギ」を

市川由紀乃さん、岩佐美咲さん、川野夏美さん、西田あいさん、森山愛子さんと一緒に和服姿で歌い、

「三味線ブギウギ」では花柳糸之社中と乃木坂46のメンバーも和服姿で歌って踊るラインダンス

これは「うたコン」ならではですね。得しました!

 

 今日のおまけは本家本元、市丸姐さんの「三味線ブギウギ」の映像です。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=VrOV6cChLvs


二人の銀座

 昨日の「うたコン」は「東京の歌」特集でした。

 

 私のお目当ての工藤あやのさんは「二人の銀座」を竹島宏さんとデュエットしました。

オリジナルは日活俳優だった頃の和泉雅子さんと山内賢さんでした(山内さんは「あばれはっちゃく」の先生役が

思い出深いです。平成21年に67歳の若さで亡くなられたのが悲しいです)

 

 あやのさん、当時の和泉さん(マコちゃん)よりうまかった(そりゃ,マコちゃんは女優ですからね)だけど

竹島さんの部分は今一でした。晩年の山内さんの方が良いぐらいです。

 

 他にもオープニングで笠置シズ子さんの「東京ブギウギ」、エンディングで藤山一郎さんの「東京ラプソディー」も

歌われていました。今までの出演の中であやのさんが素敵でしたよ。

 

 今日のおまけはもちろん映画版の「二人の銀座」です。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=Kvr78fjbik0

 


潮騒のメモリー

 「うたコン」に工藤あやのさんが2回目の出場を果たしました。

 

今回は、新歌舞伎座での五木ひろしさんの公演で共演した丘みどりさんと「潮騒のメモリー」(原曲は「天野春子」こと小泉今日子)をデュエットなさっていましたが、今回は、丘さんの方が扱いが良すぎて嫉妬していました。

 いつ、あやのさんは新曲を歌わせてもらえるのか。

 

 他には「海の声」の桐谷健太さんが初めて聞けて満足です。加山雄三さんは来年傘寿(80歳)を迎えるとは思えない、正に永遠の「若大将」ですね。

 あと、最後に布施明さんの「霧の摩周湖」が聞けたことも嬉しかったですね。

 

 もちろん今日はあやのさんと丘さんによる「潮騒のメモリー」です。↓

 

 https://www.youtube.com/watch?v=MyN2uiyBw9c


黒百合の唄

 「うたコン」に番組が変更しての初めてのブログです。

 目的は、工藤あやのさん。今回は、織井茂子さんの「黒百合の唄」(昭和28年)を歌われました。

 ご存知の方も多いでしょうが、この歌は60年以上前に上映された松竹映画「君の名は」(第2部)の挿入歌で
北海道が舞台で、アイヌの少女・ユミ(北原三枝さん)が後宮春樹(佐田啓二さん)に恋の情熱をつたえる歌として
大ヒットしました。
 今回もあやのちゃん大健闘でしたね!欲を言えばもっと長く歌ってほしかったです。

 今日は、あやのちゃんが出演した「うたコン」と当時の「君の名は」での北原さんと岸恵子さん、織井茂子さんの
歌う「黒百合の唄」をリンクします。↓

 https://www.youtube.com/watch?v=2YkXsiQRQfg

 https://www.youtube.com/watch?v=rL3Ppmm7wb8

愛の告白 ラブソング集

 「君こそわが命」 (原曲は水原弘)
氷川 きよし


「愛人」      (テレサ・テン)
市川 由紀乃

「恋のダイヤル6700」 (フィンガー5)
川上 大輔


「誰よりも君を愛す」  (松尾和子、和田弘とマヒナ・スターズ)
石丸幹二 市川由紀乃

「ふりむかないで」   (ザ・ピーナッツ)
石原詢子 椎名佐千子

 「何日君再来」    
(渡辺はま子)

 新妻聖子


「愛の奇跡」       (ヒデとロザンナ)
松原健之 工藤あやの

「恋しているんだもん」   (島倉千代子)
石原 詢子


「青春の影」         (チューリップ)
城 南海


 「あの娘が泣いてる波止場」  (三橋美智也)

 椎名佐千子

「亜麻色の髪の乙女」     (ヴィレッジ・シンガーズ)
島谷 ひとみ


「バレンタイン・キッス」
国生 さゆり


「メモリー」
石丸幹二 新妻聖子


「みれん心」
氷川 きよし


「もらい泣き」
松川 未樹


「男のコップ酒」
増位山 太志郎


 
氷川さんの所属する長良プロダクションの先代の社長の故・長良じゅんさんは、かつて「オミズ」のマネージャーでした。
だから彼が歌うことになったのですが、オミズの歌の声の迫力に遠く及びません。

 去年「紅白」に女性の演歌歌手で一番近いところにいた市川さん。初めてドレス姿で歌う姿をみました。
「愛人」はテレサさんが初めて「紅白」で歌った曲です。(昭和60年、第36回)

 川上さんの歌声、ファンの方には申し訳ないですが好きになれません。でも晃さんと妙子さんのパートを一人で歌えるのも一つの才能でしょう。

 石丸さんと市川さんのデュエット、市川さんはもっと気怠く歌ったら全盛期の松尾和子さんに肉薄すると思います。

 「ふりむかないで」はザ・ピーナッツの歌で一番好きな歌です。石原さんが女性では今回最年長のはずなのに
とても可愛かったです。

 新妻さん,赤いドレスがきれいでした。

 松原さんとあやのちゃんの初デュエット、あやのちゃんちょっと肉を削ったほうがいい。(原田年晴さんから「ドラム缶」といわれたことがある)
 あやのちゃんが生まれる前に出門英さんは亡くなられているのです。果たして天国のヒデさんはどんな気持ちで見ていたのでしょうか?あと、あやのちゃん。カンツオーネも習ったらどうでしょうか?カンツオーネもイタリアの「民謡」なのですから。

 「カラオケバトル」10冠の「絶対女王」城さん。オリジナル曲でもチャンピオンになって「紅白」に出場してほしいです。

 石原さん、可愛い。「恋しているんだもん」が見事に似合っています。

 椎名さん、デビュー当時は「はいからさんが通る」のヒロインの花村紅緒みたいな衣装で歌っていましたよね。
また、その衣装で歌ってほしいです。

 10年ほど前、私は心療内科のディケアに好意を寄せている女の子に思い切ってカラオケデイトに誘いました。
その時、彼女に島谷さんバージョンの「亜麻色」をリクエストして、彼女が歌い終わった後、私が「本家本元」ヴィレッジ/シンガーズヴァージョンの「亜麻色」を歌いました。この計画がうまくいってラッキーだったことを思い出しました。
彼女、今どうしているのでしょうか?

 まさか!NHKで「バレンタイン・キッス」が聞けるとは!当時のおニャン子クラブはフジテレビ専属のようなグループだっただけにずっと無理だと思っていました。他の歌手もバックで国生さんの歌の振りに合わせていました。増位山さんの振りがよかったですね。

 「メモリー」この曲よく知らないのですが、お二人とも見事なデュエットでした。

 氷川さんの新曲「ばかですね」「いやですね」の台詞はデビュー当時の「箱根八里の半次郎」「大井追っかけ時次郎」を意識してますね。彼にとって初めての女歌。どこまで売れますか。

 松川さん、中々ブレイクしないのがもったいない。黄色い衣装も素敵なのに。

 増位山さんがしめくくりですか。最年長ですからね。そういえばこの番組の翌日の「カラオケバトル」で中学2年生の少女が「そんな夕子にほれました」を歌っていたことを思い出しました。

 今日のおまけは、工藤あやのちゃんと松原健之さんによる「愛の奇跡」です。↓

 https://www.youtube.com/watch?v=d_XIzvRYgko

 
 

浅草姉妹

  先週の「歌謡コンサート」は都合により録画で見ることとなりました。

私の好きな工藤あやのさんを生で見られず残念でした。

 歌は、こまどり姉妹の「浅草姉妹」を杜このみさんとデュエット、最近はこまどり姉妹も懐メロ番組でも「ソーラン渡り鳥」ばかりなので貴重な歌と、初めてあやのさんの和服姿が見られたのは非常に得をしましたが、私はこまどり姉妹なら「三味線姉妹」が好きですね。

♪ 辛くても 辛くても 姉妹流しは 涙を見せぬ〜の歌詞が好きなんです。メロディーもじめじめしたところがなくて、好きなんです。

 ただ、あやのさんには持ち歌の「花咲く丘」を「歌コン」で披露してほしいです。

次の出演が待ちどおしいです。


 今日は、あやのさんと杜このみさんによる「浅草姉妹」です。↓


 https://www.youtube.com/watch?v=HncdZyA5Tsw


 


北国旅情 愛を込めて

  久々に、「歌謡コンサート」のレビューをします。

昨日は青森県からの中継でした。


 石川 さゆり 「津軽海峡 冬景色」


 薄い水色の着物でした。


 福田 こうへい 「南部蝉しぐれ」


 浅黄色のスーツ、岩手山に咲く花の映像も映る。

 ところで、この人の事務所のトラブルの件は解決したのでしょうか?


 工藤 あやの  「つんつん津軽」(原曲は林 あさ美)


  赤いドレスは確か、鳳でのイベントでも着ていたはず。

  「花咲く丘」のほうが聞きたかった

   オリジナルの林あさ美さんは引退したのでしょうか?


 三山 ひろし 「お岩木山」


  けん玉演歌歌手として話題の人ですが、日本の流行歌を受け継ぐ

  演歌界の貴重な人材、今年は「紅白」に出てほしいです。


  北山 たけし 「リンゴ村から」(三橋美智也)

  サブちゃんの娘である、奥さんとは夫婦円満なのでしょうか?(笑


  山内 惠介 なつこ 「北空港」 (桂銀淑、浜圭介)


  デビュー当時の山内さんはまだ高校生で「ビクターの氷川きよし」と

いう印象が残っています。 なつこさんは初登場。

 このデュエット、本家本元では多分二度とみられないでしょう(涙


 石川 さゆり 原田 悠里 「ソーラン渡り鳥」(こまどり姉妹)

 「平成のこまどり姉妹でーす」「チャンネル変えないでねー」とギャグをかます。

 原田さんには「津軽の花」を歌ってほしかった。


 鈴木 慶江(すずき のりえ) 「夏は来ぬ」「浜辺の歌」

 平成14(2002)年の53回「紅白」に出場したソプラノ歌手です。

 黄色いロングドレスでスタンドマイクで歌った。今、スタンドマイクで堂々と歌える歌手が少なくなっていることが残念です。

 山内 惠介 「スポットライト」

 去年の「紅白」には彼か三山ひろしさんが出てほしかった。

 「涙という字の右側に戻るという字がかくれてる」の歌詞が素晴らしい。

 原田 悠里 「秘恋」


 神野 美伽  「風岬」

 いつまでも若いと思っていた彼女もデビュー30年、五十路です。

 どこかのツイッターで夫の荒木とよひささんと別居しているなんてデマが書かれて本当に迷惑ですよね。


 なつこさん、三山さん、山内さんのHPをリンクします。


 http://ameblo.jp/natsuko-room/


 http://ameblo.jp/hiroshi-miyama/


 http://blog.oricon.co.jp/keisuke-blog/


 今日のおまけは「つんつん津軽」のオリジナル歌手、林あさ美さんと森昌子さんと

川野夏美さんの映像です。↓


https://www.youtube.com/watch?v=mB4SmU-lO90 


 


名人戦 歌こそわが人生

  昨日の歌謡コンサートは「名人戦 歌こそわが人生」ということで、

北島三郎さん、石川さゆりさん、天童よしみさん、郷ひろみさんの4人が

好きな歌、デビュー曲、新曲を披露しました。


 北島 三郎 「津軽平野」


       まだ、北海道にいた頃の少年時代のサブちゃんの写真もともに写っていました。


 天童 よしみ 「黒い花びら」


  天童さんがデビューした当時、まだオミズ(水原さんの愛称)は存命だったのですね。


 郷 ひろみ  「ブルーシャトゥ」


 18回「紅白歌合戦」での映像も流れる、現在のブルーコメッツのと共演、

郷さんがコンサートでこの番組の演奏をなさっている三原綱木さんをプロデューサとして

コンサートを行っていたことは初耳です。


 石川 さゆり 「見上げてごらん夜の星を」

 学生時代の石川さんの写真が登場。制服に白いハイソックス姿がとっても

かわいい!


 九ちゃんが、昭和52年放映の「ビッグショー」でこの歌を歌っている映像も流れる。

九ちゃんが日航機の墜落事故から今年でちょうど30年、改めてご冥福を祈ります。


 次はデビュー曲と新曲


 天童 よしみ  「風が吹く」(昭和45)「いのちの人」


 「風が吹く」は読売テレビで放映されていた「全日本歌謡選手権」で10週勝ち抜いて

優勝してからのデビュー曲です。


 郷 ひろみ   「男の子女の子」(昭和47)「哀愁のカサブランカ」(昭57)


 なぜ、翌日20日発売の100枚目のシングルにしなかったのかが解せない


 石川 さゆり  「かくれんぼ」(昭48) 「あぁ あんた川」


 この「かくれんぼ」のレコードジャケットでは白いキャスケットをかぶった

 彼女が見られます。CD「石川さゆり アーリーイヤーズ コレクション」で

 聞けます。


 北島 三郎   「ブンガチャ節」(昭37)「大漁舟」


 最大の目玉です。この「ブンガチャ節」はテレビで3回しか歌えず

放送禁止になった。(♪キュッキュッキュー〜の歌詞が卑猥だということらしいです)

だからテレビで歌うのは53年ぶり(!) 「これ、デビュー曲よ!」と

サブちゃん、繰り返してアピールしていました。


 今日のおまけは、もちろん、北島三郎さんの「ブンガチャ節」です。


 https://www.youtube.com/watch?v=710Dfv0P7r4


 



 


きみまろ瓦版 艶やかひな祭り

  昨日は3月3日、桃の節句、ひな祭りということで、司会の高山哲也アナと

綾小路きみまろさん以外の出演者は全員、女性です。


 全員 「うれしいひな祭り」 (原曲は、昭和11年の河村順子)


 女性歌手全員がひな壇で桃を振っている。


 工藤 静香 「MUGO  ん・・・色っぽい」


 「歌謡コンサート」は初出演、ショートカットの彼女は大変珍しい

 

  私が高校生の頃はスーパーアイドルで、中山美穂さん,南野陽子さん、浅香唯さんと

ともに「アイドル四天王」と言われていた。


 長山 洋子 「捨てられて」


 花柳糸之社中の面々も「でもね・・」の振りをする。


 杜 このみ 「追分みなと」 


 一昨年のレコード大賞新人賞を受賞

 

 紅い袴がよく似合っている。女性演歌歌手で「紅白」初出場が一番近いのは

彼女だと思う。


 石川 さゆり 「夫婦善哉」


 1コーラス目は斎藤功さんのギターだけで歌唱


 西田 あい 「四つのお願い」 (ちあきなおみ


 平尾昌晃さんの秘蔵っ子ですが、歌声が私の好みではありません。


 2番の間奏で、「ひとつ」のところで、工藤さんと石川さんが、

「ふたつ」のところで長山さんと水樹さんが、「みっつ」のところで

杜さんと山本あきさんがポーズを取る場面が映る。


 八代 亜紀  「女のブルース」 (藤 圭子)


 昭和45年当時の藤さんのように歌声に「刃」がほしい。


 水樹 奈々  「南の花嫁さん」 (高峰 三枝子)


 60回「紅白」、平成23年の東京ドーム、26年の横浜スタジアムでのコンサートでの

熱唱の様子が映し出される。


 この歌は、歯科技師だった亡き父親が歌手にするために最初に教えた歌

 奈々さんは、当時の純白の衣装で」歌う。

 

 今から73年前(昭和17年)の歌、戦争真っ只中にこのようなのどかな歌が

流れていたのが信じられない。


 工藤 静香 「単・純・愛 VS 本当の嘘」


 最初の「MUGO ん 色っぽい」を手掛けた 中島 みゆきさんが作詞

 

 後藤 次利さんが作曲。


 山本 あき 「十六夜化粧」


 母親が八代さんにあやかって「あき」と命名、デビュー10周年黄色い和服姿でした。


 石川 さゆり 「あぁ あんた川」


 吉幾三さんの作詞、作曲


 紫の和服に着替えている。


 今晩は、まさか「声優界のトップランナー」である水樹奈々さんが

戦中のヒット曲を歌うなんて驚きももの木山椒の木ですよ!


 今日は、オリジナルの高峰さんと当日の水樹さんの

「南の花嫁さん」です。↓


 https://www.youtube.com/watch?v=PhafGWOyRHA


 http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%8D%97%E3%81%AE%E8%8A%B1%E5%AB%81%E3%81%95%E3%82%93+%E6%B0%B4%E6%A8%B9%E5%A5%88%E3%80%85&tid=e550fdd58f9f5bc436419f14e9cb0602&ei=UTF-8&rkf=2


競作

  昨日の「NHK歌謡コンサート」は名古屋からの放送でした。

当日は、競作でヒットした歌が2曲歌われました。

石原詢子さんが「和服で」歌われた「誰もいない海」

この歌は最初は,故・ジェリー伊藤さんが「木島則夫モーニングショー」で

昭和42年に歌われ、翌年にシャンソン歌手の大木康子さんが、発足したばかりの

CBSソニーから発売、45年にトワ・エ・モワと越路吹雪さんとの共作になった

歌です。作曲者は越路さんの夫の内藤法美(ないとう・つねみ)さんで、作詞は

詩人の山口洋子さん(元クラブ「姫」のママで作詞家、作家の方とは別人)です。


神奈川県生まれ。1955年文化学院在学中に第一詩集『館と馬車』を発表。「今日」「氾」同人を経て1964年工藤直子渋沢道子新藤涼子村松英子山本道子吉原幸子吉行理恵ら同世代の女性詩人8人の「ぐるーぷ・ゔぇが(VEGA, ベガ)」に参加、1968年の休刊まで詩誌を刊行。

トワ・エ・モワ越路吹雪でヒットした『誰もいない海』の作詞者としても知られる。

よこはま・たそがれ』の作詞家、山口洋子とは別人。

著書[編集]

詩集[編集]

  • 『館と馬車』 書肆ユリイカ, 1955
  • 『リチャードがいなくなった朝』1968
  • 『ツクツクボウシが鳴く』 蜘蛛出版社, 1989

詩画集[編集]

  • 『にぎやかな森』(画・石原慎太郎)書肆ユリイカ, 1958

参考文献[編集]

 


 もう一曲は、平成14年に「ご意見無用の人生だ」という歌を

大正時代の女学生スタイルで歌っていた椎名佐千子さんが「秋冬」を歌われました。

 高田みづえさんの歌で有名ですがこの曲はオリジナルは橘美喜さんという方で、

「高梨雅樹」の名前でアニメ「1000年女王」の主題歌を歌われた原大輔さん、

「高速エスパー」「白獅子仮面」に主演した俳優の三ツ木清隆さんらによって

競作されました。


 今日のおまけは、平成21年に他界した大木康子さんバージョンの

「誰もいない海」です。↓

http://www.youtube.com/watch?v=HbowFXNcOxA


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM