<< 速水栄子さん | main | 恋ごよみ >>

ありがとう、上田利治さん

 1日に、かつての名門チーム「阪急ブレーブス」の監督で昭和50〜53年までブレーブスを日本一に導いた、上田利治さんが80歳でお亡くなりになりました。

 大学時代は阪神タイガースで活躍した村山実さんとバッテリーを組み、プロでは広島東洋カープでたった3年で引退、25歳の若さでコーチとなりましたが、後に「球界の寝業師」といわれた根本陸夫さんが監督の時に対立して広島を退団、その後当時のチームでの同僚の山内一弘さんの勧めで阪急ブレーブスのコーチとなり、49年には近鉄の監督になった西本幸雄さんの後を継いで監督に就任し、

50年の初の日本一、51年の第7戦での足立光宏投手の好投による日本、ヤクルトスワローズに敗れた53年には第7戦の大杉勝男さんのホームランに対して「今のはファウルだ!」と1時間19分もの猛抗議!などがありますが、このころはまだもの心ついていないので、

56年に復帰してからの印象が強いです。59年のパ・リーグ優勝(球団3000勝でもあります)、そして63年にオリックスへの身売りが決まった時の上田さんの「ブレーブスは阪急の物でも、オリックスのものでもなくファンの皆さん一人一人のものです」とおっしゃったことが、当時身売りでショックを受けていた私の心を慰めてくださいました。

 

 それにしても、オリックスバファローズは冷たいですよね。後に監督になった日本ハムファイターズの方が、選手たちは喪章をつけて、東京ドームでファイターズの選手が「東映フライヤーズ」のユニフォームを着た試合で上田さんの功績を称えるVTRを流して黙とうをしたのとは大違いですよね!

 

 上田さん、ありがとうございました。貴方のおっしゃられた通り「阪急ブレーブス」は私のこころに今でも生きています。

西本幸雄さん達と仲良くお酒でも飲んで楽しんでください。

 

 今回は、昭和51年の巨人との日本シリーズの映像です。↓

 

https://www.youtube.com/watch?v=D42e9OcGACs


スポンサーサイト

  • 2017.10.03 Tuesday
  • -
  • 19:26
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
 >塁さん

 >上田利治監督ですが、オリックスバファローズの公式サイトでは、追悼ページがアップされています。

また7月7日に、追悼セレモニーが行われたようです。


 上田利治監督ですが、オリックスバファローズの公式サイトでは、追悼ページがアップされています。

また7月7日に、追悼セレモニーが行われたようです。

 拝見しました。福良監督と星野コーチの談話が載って載っていましたね。


 >まあ、オリが冷たい球団になり下がったのは、今に始まったことではありませんからね。


 昭和63年10月19日の近鉄の優勝するかどうかの試合に水を差す、身売り発表(ロッテ対近鉄戦の実況をなさっていた安倍憲幸さんも亡くなられましたね。悲しいです)、ブレーブスの名前を捨てたり、今度は神戸を捨てたりとファンを悲しませることばかりです。
 オリックスは早く身売りしてほしいですね。
  • 2017/07/08 6:10 PM
上田利治監督ですが、オリックスバファローズの公式サイトでは、追悼ページがアップされています。

また7月7日に、追悼セレモニーが行われたようです。

まあ、オリが冷たい球団になり下がったのは、今に始まったことではありませんからね。

この球団には、チームを強くしようとする気がまるで感じられません。
  • 2017/07/07 8:15 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM