<< 主人公は死なず! | main | ジュリーとアニキ >>

ビブリア古書堂の事件手帖

 昨日、映画化された「ビブリア古書堂の事件手帖」を見に行きました。

 

 鎌倉にある古書店「ビブリア古書堂」を舞台としたミステリー小説の映画化です。

 

 ヒロインの篠川栞子には黒木華さん。黒髪が美しく、物静かで本好きな眼鏡美女といった感じで、小説のイラストの

栞子そのものでした。

 副主人公で、まるで活字が読めない(理由は映画をご覧ください)五浦大輔には野村周平さん。先日、私の部屋の整理のために

好きな蔵書を何冊か処分したので、商売とはいえ、たくさんの蔵書のある本箱を背景に仕事をしている栞子が大変うらやましかったです。(まあ、私は本よりは歌の方が好きなので、栞子とは相いれないでしょうね~笑~)

 

 大輔の祖母の若い頃を夏帆さん、その恋人を東出昌大さんが演じた二つのドラマになっていました。

今回は太宰治の「晩年」(初版本、300万円!)をめぐる内容です。

 

 過去に剛力彩芽さんが栞子をテレビドラマで演じて不興を買ったそうですね。確かに当時の剛力さんなら、年齢的には

栞子の妹役が似合っていると思いますから。次回でも栞子の敵役でもどんな役でもいいので当時の雪辱を雪いでほしいです。

 

 ドラマでがっかりした人も今回は満足できると思います。そして、この「ビブリア古書堂」もシリーズ化されて

栞子が色々本について薀蓄を傾ける場面を多く見たいです。

 

 今回は、主題歌の「北鎌倉の想い出」(サザンオールスターズ)です。↓

 

https://www.youtube.com/watch?v=3LZYzHZITD8

 


スポンサーサイト

  • 2018.11.12 Monday
  • -
  • 19:30
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM